危險關係 Dangerous Liaisons(原題)

DangerousLiaisons2012_Poster

1930年代の上海。
富と権力を持つ莫婕妤は、美しく気高い杜芬玉を疎ましく思い、再会したかつての恋人 謝易梵と誘惑の賭けをする。
しかし、まもなく謝易梵は、杜芬玉に真実の愛を見つける。

監督
ホ・ジノ(Hur Jin-ho) 『八月のクリスマス』 『四月の雪』

出演
チャン・ツィイー(Zhang Ziyi) 『グリーン・デスティニー』 『SAYURI』
チャン・ドンゴン(Jang Dong-gun) 『ブラザーフッド』 『PROMISE プロミス』
セシリア・チャン(Cecilia Cheung) 『PROMISE プロミス』 『女ドラゴンと怒りの未亡人軍団』



中国・韓国 合作作品。
ピエール・コデルロス・ド・ラクロの小説『危険な関係』を、1930年代の上海に舞台を移して映画化。
『危険な関係』は、過去に何度も映画化されてきたが、スティーヴン・フリアーズ監督による'89年版が最も有名である。
イ・ジェヨン監督 ペ・ヨンジュン主演による '03年の『スキャンダル』も、『危険な関係』の翻案だったようだ。

レ・ミゼラブル (Les Misérables)

LesMiserables2012_Poster2

'85年以来、現在もロングラン上演されている、ヴィクトル・ユーゴーの名作を脚色したミュージカルの映画化。
19世紀 フランス、出獄を許されたジャン・バルジャンの救済の物語。

監督
トム・フーパー(Tom Hooper) 『英国王のスピーチ』

音楽
クロード=ミッシェル・シェーンベルク(Claude-Michel Schönberg)

出演
ヒュー・ジャックマン(Hugh Jackman) 『ファウンテン 永遠につづく愛』
ラッセル・クロウ(Russell Crowe) 『ロビン・フッド('10)』
アン・ハサウェイ(Anne Hathaway) 『ジェイン・オースティン 秘められた恋』
ヘレナ・ボナム=カーター(Helena Bonham Carter) 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
アマンダ・セイフライド(Amanda Seyfried) 『マンマ・ミーア!』
エディ・レッドメイン(Eddie Redmayne) 『ブーリン家の姉妹』
サマンサ・バークス(Samantha Barks)
コルム・ウィルキンソン(Colm Wilkinson)



本作では、オリジナル舞台版のプロデューサー、キャメロン・マッキントッシュも製作に名を連ねている。

華麗なるギャツビー (The Great Gatsby)

GreatGatsby2012

ロングアイランドを舞台に、ニック・キャラウェイが謎めいた過去と贅沢な生活様式を持った、隣人のジェイ・ギャツビーに魅せられ、執念と悲劇の目撃者となる。

監督
バズ・ラーマン(Baz Luhrmann) 『ダンシング・ヒーロー』 『ロミオ&ジュリエット』

出演
レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio) 『インセプション』 『J・エドガー』
キャリー・マリガン(Carey Mulligan) 『わたしを離さないで』 『ドライヴ』
ジョエル・エドガートン(Joel Edgerton) 『遊星からの物体X ファーストコンタクト』
トビー・マグワイア(Tobey Maguire) 『スパイダーマン』 『マイ・ブラザー』

予告編


Trailer


F・スコット・フィッツジェラルドの名作、『グレート・ギャツビー』を映画化。
過去の映像化作品に、監督 ジャック・クレイトン、脚本 フランシス・フォード・コッポラ、出演 ロバート・レッドフォード、ミア・ファローによる'74年の映画、ミラ・ソルヴィノ 出演による'01のTVMがある。
バズ・ラーマンらしい、ひたすらゴージャスでハイテンションな世界観を期待したい。

ちなみに・・・

予告編で使用されている曲は、

JAY Z & Kanye West / No Church In The Wild


Jack White / Love is Blindness


オフィシャルサイトは、コチラ

愛、アムール (Amour)

Amour_Poster

引退した音楽教師の上品な老夫婦、ジョルジュとアン。
ある日、家族と外国で暮らしている音楽家の娘が訪ねて来る。
共に80代を迎え、病を抱えるアンを介護するジョルジュ。
老夫婦の愛が、厳しい試練に晒される。

脚本・監督
ミヒャエル・ハネケ(Michael Haneke) 『ファニーゲーム』 『白いリボン』

出演
ジャン=ルイ・トランティニャン(Jean-Louis Trintignant) 『暗殺の森』
エマニュエル・リヴァ(Emmanuelle Riva) 『二十四時間の情事』
イザベル・ユペール(Isabelle Huppert) 『ピアニスト』



今年、開催された第65回カンヌ国際映画祭で、最高賞パルム・ドールに輝いた。
『白いリボン』に続いて、二作品連続での受賞である。

ミヒャエル・ハネケかー…。
どうせ、暗くてツラい映画なんだろうなー…。
体調が良い日を選んで、そのうち観たいと思います。

エイリアン バスターズ (The Watch a.k.a. Neighborhood Watch) (2)

Trailer 2


Red Band Trailer


Trailer 1

アパリション -悪霊- (The Apparition)

Apparition_Poster

ケリーとベンは、大学で超心理学の実験中に、偶然、呪文を唱えて、恐るべき闇の住人を召喚してしまう。
次々と襲い掛かる怪奇現象から逃れる術はなく、邪悪な存在はふたりの恐怖や苦痛を糧にする。

脚本・監督
トッド・リンカーン(Todd Lincoln)

出演
アシュリー・グリーン(Ashley Greene) 『トワイライト~初恋~』
セバスチャン・スタン(Sebastian Stan) 『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』
トム・フェルトン(Tom Felton) 『ハリー・ポッターと賢者の石』 『猿の惑星:創世記』

ポゼッション (The Possession)

Possession2012_Poster

ある少女が、ガレージセールで古びた箱を手に入れる。
しかし、その箱には古代の邪悪な魂が封じられていた。
少女の父親は前妻と共に、少女を呪縛から解き放つための手段を探す。

製作総指揮
サム・ライミ(Sam Raimi) 『死霊のはらわた』 『スパイダーマン』

監督
オーレ・ボールネダル(Ole Bornedal) 『モルグ』 『パラサイト X』

出演
ナターシャ・カリス(Natasha Calis) 『ザ・ファーム 法律事務所
ジェフリー・ディーン・モーガン(Jeffrey Dean Morgan) 『ウォッチメン』 『ルーザーズ』
キーラ・セジウィック(Kyra Sedgwick) 『フェノミナン』 『クローザー』


マニアック (Maniac)

Maniac2012_Poster1

ニューヨークの街に現れる、若い女性を殺して頭皮を剥ぎ取り、戦利品にする精神異常者が、幼少期に受けた虐待の記憶に悩まされる中、理想の女性像を体現する写真家のアンナと出会う。
'80年に公開された、ウィリアム・ラスティグによる同名映画のリメイク。

製作
アレクサンドル・アジャ(Alexandre Aja) 『ハイテンション』 『ピラニア3D』
トマ・ラングマン(Thomas Langmann) 『アーティスト』
グレゴリー・ルヴァスール(Gregory Levasseur) 『ピラニア3D』
ウィリアム・ラスティグ(William Lustig) 『マニアック('80)』 『マニアック・コップ』

監督
フランク・カルフン(Franck Khalfoun) 『P2』

脚本
アレクサンドル・アジャ(Alexandre Aja)
グレゴリー・ルヴァスール(Gregory Levasseur)
C・A・ローゼンバーグ(C.A. Rosenberg) 『マニアック('80)』とは別の人。
ジョー・スピネル(Joe Spinell) 『マニアック('80)』

出演
イライジャ・ウッド(Elijah Wood) 『ロード・オブ・ザ・リング』 『シン・シティ』
アメリカ・オリーヴォ(America Olivo) 『ビッチ・スラップ 危険な天使たち』
ノラ・アルネゼデール(Nora Arnezeder) 『幸せはシャンソニア劇場から』

パニック・マーケット3D (Bait 3D)

Bait3D_Poster

オーストラリアの沿岸にある街で、突如発生した津波によって、スーパーマーケットに閉じ込められた人々が、人食い鮫の群れに襲われる。

監督
キンブル・レンドール(Kimble Rendall) 『Cut カット!』

出演
フィービー・トンキン(Phoebe Tonkin) 『トゥモロー 僕たちの国が侵略されたら』
アレックス・オロックリン(Alex O'Loughlin) 『ホワイトアウト('09)』
ジュリアン・マクマホン(Julian McMahon) 『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』

くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ (Ernest et Celestine)

Ernest_et_Celestine_Poster

『アンジュール』『たまご』で知られるガブリエル・バンサンの絵本『くまのアーネストおじさん』の映画化。原作の絵柄と違うのが、ちょっと気になるけど。

おなかをすかせた くまのアーネストが、たべものを求めて ごみばこをあさると、そこに小さなねずみの女の子 セレスティーヌを見つける。
ねずみの世界とくまの世界にある偏見に打ち勝ち、ふたりの友情は育まれる。

監督
バンジャマン・レネール(Benjamin Renner)
ステファン・オビエ(Stephane Aubier)
ヴァンサン・パタール(Vincent Patar)

カンヌ国際映画祭で上映され、合わせて映像クリップが3つ公開された。

Ernest et Célestine - Extrait #1


Ernest et Célestine - Extrait #2


Ernest et Célestine - Extrait #3


日本では、まもなく開催されるフランス映画祭2012でお披露目される。
去年のフランス映画祭で公開され、一年経っても一般公開されない『パリ猫の生き方』の例があるので、興味のある方はこの機会を逃さないようお薦めしたい。

パリ猫ディノの夜 (パリ猫の生き方 Une vie de chat)

Une_vie_de_chat_Poster

'11 6月26日に、フランス映画祭2011で上映されたが、日本ではそれっきり一般公開されず、DVDにもなっていない。

ゾーイという女の子と暮らす猫のディノは、夜になると怪盗ニコの手伝いをしている。
ある日、ディノがゾーイにとても高価な腕輪を持ってくる。
刑事をしているゾーイの母親 ジャンヌの上司は、これが盗まれた宝石のひとつだと気付く。
ある晩、ゾーイはディノのあとを、こっそり付いていくが、偶然ギャングの話し合いを立ち聞きしてしまう。

監督
ジャン=ルー・フェリシオリ(Jean-Loup Felicioli)
アラン・ガニョル(Alain Gagnol)

出演
オリアーヌ・ザニ(Oriane Zani)
ドミニク・ブラン(Dominique Blanc) 『恋は足手まとい』
ブルノ・サロモネ(Bruno Salomone) 『フューチャー・ゲーム』
ベルナデット・ラフォン(Bernadette Lafont) 『美しきセルジュ』 『あこがれ』

The King of Pigs 豚の王(原題)

King_of_Pigs_Poster

事業が破綻したギョンミンは、妻を衝動的に殺害する。
彼は、中学時代の同級生ジョンソクを探す。
ジョンソクは、ある自叙伝のためにゴーストライターとして雇われているが、彼の夢は自分の小説を書くことだった。
ふたりは、15年前に出会った。
ギョンミンとジョンソクは、互いの近況を伏せて、中学時代の話を始める。
その中学校では、富と成績によって階級が存在した。
ギョンミンとジョンソクは、底辺だった。
ふたりは、「豚」と呼ばれ、「犬」と呼ばれる支配階級によって、苛め抜かれた。
「犬」に対して、何もすることができなかった。
しかし、「豚の王」チョルが現れ、ギョンミンとジョンソクは、チョルを頼るようになった。
そして今、ギョンミンは中学校のグラウンドで、ジョンソクに15年前の衝撃の真実を告げる。

脚本・監督
ヨン・サンホ(Sang-ho Yeon)

出演
ヤン・イクチュン(Ik-Joon Yang) 『息もできない』 『マジック&ロス』
オ・ジョンセ(Jung-se Oh) 『くだらないロマンス』
キム・ヘナ(Hye-na Kim) 『Mirror 鏡の中』 『ビバ!ラブ』
キム・コッピ(Kkobbi Kim) 『息もできない』 『マジック&ロス』
パク・ヒウォン(Hee-von Park)

Eun-sil-yee a.k.a. The Dearest(原題)

Eunsilyee_Poster

韓国映画アカデミーの学生が製作したアニメーション。

知的障害を持つウンシリが、赤ん坊を残して亡くなる。
彼女の友達 イネは、父親の分からない赤ん坊を救い、忌まわしい真相に辿り着く。

監督
キム・ソナ(Sun-Ah Kim)
パク・セヒ(Se-hee Park)

はちみつ色のユン (Couleur de peau:Miel)

Couleurdepeaumiel_Poster

朝鮮戦争の戦争孤児で、1971年にベルギーで養子となったチョン・エナンの孤児院での生活、養母の愛、思春期の感情を織り交ぜて描く自伝的な物語。

監督
ローラン・ボアロー(Laurent Boileau)
チョン・エナン(Jung Henin)

原作
チョン・エナン(Jung Henin)

ホーリー・モーターズ (Holy Motors)

Holly_Motors_1

いくつもの顔を持つ、謎の人物 ムッシュ・オスカーの素性を追う、夜明けから夕暮れまでの数時間。
彼は経営者であり、殺し屋であり、乞食であり、怪物であり、そして家庭を持つ男である。
それぞれの場所を自在に往来し、カメラもないのに、まるで演じているようだ。
ムッシュ・オスカーは孤独だが、高性能エンジンを搭載した車の運転席に隠れた、美しく魅力的な金髪の女 セリーヌだけが、パリを渡り歩く彼を見つめている。
彼は慎重な殺し屋のように、転々と居場所を変える。
美しい立ち振る舞い、不思議な力、そして女たちと過去の亡霊が描かれるが、ムッシュ・オスカーの実体は杳として掴めない。

脚本・監督
レオス・カラックス(Leos Carax) 『汚れた血』 『ポンヌフの恋人』

出演
エヴァ・メンデス(Eva Mendes) 『トレーニング デイ』
カイリー・ミノーグ(Kylie Minogue) 『ストリートファイター』
ミシェル・ピッコリ(Michel Piccoli) 『夜顔』
エディット・スコブ(Edith Scob) 『夏時間の庭』
ドニ・ラヴァン(Denis Lavant) 『ボーイ・ミーツ・ガール』 『ツバル』
ジャン=フランソワ・バルメ(Jean-Francois Balmer) 『サム・サフィ』



'99『ポーラX』以来、『My Last Minute』 『Tokyo!』の一編『メルド』 『42 One Dream Rush』と短編ばかりが続いた、レオス・カラックス 久々の長編。115min とのこと。
最初は殆ど情報を得られず、また短編なのではないかと思っていたが、杞憂に終わり喜ばしい。
フランスでは、7月4日に一般公開される。日本公開は未定。


おまけ

Sans Titre


My Last Minute


Naked Eyes (42 One Dream Rush)

CLASH クラッシュ (Clash a.k.a. Bay Rong)

Clash_Poster

だいぶ前に公開された映画なのだが、格闘映画の情報が続いたので、ついでに個人用の記録として更新。
'09に本国ベトナムで公開され、各国で高い評価を得るが、なぜか日本では公開されていない。
輸入DVD店のアジア映画コーナーでは、もはや定番になっている作品。

娘を誘拐され、犯罪組織に捜査からの撤退を脅迫されるトリン。
娘を奪還するため、クアンら数人の傭兵を雇う。
しかし、志の違いがトリンとクアンの関係を複雑にする。

監督
レー・タン・ソン(Le Thanh Son)

脚本
ジョニー・グエン(Johnny Nguyen)

出演
ジョニー・グエン(Johnny Nguyen) 『トム・ヤム・クン!』
ゴー・タイン・ヴァン(Thanh Van Ngo) 『サイゴン・ラブ・ストーリー』
ホアン・フック・グエン(Hoang Phuc Nguyen) 『シクロ』



サンプル映像


ライジング・ドラゴン (十二生肖 Chinese Zodiac)

Chinese_Zodiac_Poster

『サンダー・アーム/龍兄虎弟』 『プロジェクト・イーグル』につづく、”アジアの鷹”シリーズ第3弾。
中国の秘宝とされる十二支をかたどった彫像を探して、ジャッキーが世界各地を冒険する。

監督
ジャッキー・チェン(Jackie Chan)

出演
ジャッキー・チェン(Jackie Chan)
オリヴァー・プラット(Oliver Platt) 『三銃士 ('93)』 『エイプリルの七面鳥』
ユ・スンジュン(Sung-jun Yoo) 『ラスト・ソルジャー』
ローラ・ワイスベッカー(Laura Weissbecker) 『キリング・ゲーム』
ヤオ・シントン(Yao Xingtong) 『感情生活(原題)』
ケイトリン・デシェル(Caitlin Dechelle)
チャン・ランシン(Zhang Lan Xin)
クォン・サンウ(Sang-woo Kwone) 『火山高』 『マルチュク青春通り』
リアオ・ファン(Fan Liao) 『好奇心は猫を殺す』



ジャッキーが、引退するとかしないとか。

ジャッキー・チェンが命がけアクション終了宣言、還暦目前で体の衰え―カンヌ映画祭

ジャッキー・チェンがアクション業を引退宣言? その真意は?【第65回カンヌ国際映画祭】

「ジャッキー・チェンがアクション映画から引退 」報道にジャッキーびっくり

ドラゴン・アイズ (Dragon Eyes)

Dragon_Eyes

麻薬の売人と悪徳警官によって荒廃した街 セント・ジュード。
ずば抜けた格闘スキルを持つホンが、街に道徳を取り戻すために戦う。

監督
ジョン・ハイアムズ(John Hyams) 『ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション』

出演
カン・リー(Cung Le) 『TEKKEN -鉄拳-』 『孫文の義士団』
ジャン=クロード・ヴァン・ダム(Jean-Claude Van Damme)
ピーター・ウェラー(Peter Weller)


Bangkok Renaissance(原題)

Bangkok_Renaissance_Poster.jpg

目の前で両親を惨殺された、10歳の少年 マニット。
殺人者に容赦なく撃たれるが、奇跡的に一命を取り留める。
しかし、頭部への銃撃は、マニットからすべての感情を奪い去った。
20年後、ある老師の下で修行したマニットは、復讐のために殺人マシンと化す。

監督
ジャン=マルク・ミネオ(Jean-Marc Mineo)

出演
ジョン・フー(Jon Foo) 『TEKKEN -鉄拳-』
ミカエル・コーエン(Michael Cohen) 『THEM ゼム』
キャロリーヌ・デュセイ(Caroline Ducey) 『ロマンスX』



フランス / タイ 合作作品。

007 スカイフォール (Skyfall)

Skyfall_Poster

Mを悩ませる過去に、ボンドの忠誠が問われる。
MI6が攻撃される中、007は如何なる代償を払おうとも、脅威の追跡と排除を遂行しなくてはならない。

監督
サム・メンデス(Sam Mendes) 『アメリカン・ビューティー』

出演
ダニエル・クレイグ(Daniel Craig) 『ドラゴン・タトゥーの女』
ハビエル・バルデム(Javier Bardem) 『ノーカントリー』
ベレニス・マーロウ(Bérénice Marlohe)
ナオミ・ハリス(Naomie Harris) 『ニンジャ・アサシン』
レイフ・ファインズ(Ralph Fiennes) 『イングリッシュ・ペイシェント』
アルバート・フィニー(Albert Finney) 『ビッグ・フィッシュ』
ジュディ・デンチ(Judi Dench) 『NINE』



日本公開は、12月1日。

ライク・サムワン・イン・ラブ (Like Someone in Love)

Like_Someone_in_Love_Poster

若く美しいアキコは、学費を得るために体を売っていた。
慈しみの心に溢れた学識ある老紳士の家に招かれ、その体を委ねる。
老紳士はアキコに心当たりがあるが、アキコは老紳士を知らない。
邂逅するふたりに張り巡らされた蜘蛛の巣は、アキコの人生に変容をもたらす。

監督
アッバス・キアロスタミ(Abbas Kiarostami)

出演
奥野匡(Tadashi Okuno)
高梨臨(Rin Takanashi)
加瀬亮(Ryo Kase)
でんでん(Denden)



『明日へのチケット』 『トスカーナの贋作』と、最近はヨーロッパを舞台に映画製作をしてきた、イランの名匠 アッバス・キアロスタミ。
『5 five ~小津安二郎に捧げる~』で小津安二郎への敬愛を独特のアプローチで表現、中山節夫 監督作品『旅の途中で』で監修に携わることはあったが、まさか日本で日本語による映画を製作するとは思わなかった。撮影は、'11年11月ごろ行われた模様。

タイトルの『Like Someone in Love』は、'40年の映画『ユーコンの女王』で、ダイアナ・ショアが歌った挿入歌。予告編で使用されているのは、エラ・フィッツジェラルドによる'57年のバージョン。

LIKE SOMEONE IN LOVE / ELLA FITZGERALD


あまりに映像が情感を語るので撮影監督を調べたところ、なんと柳島克巳であった。
柳島克巳は、『その男、凶暴につき』 『HANA-BI』以外の北野武作品、『バトル・ロワイアル』 『魍魎の匣』などで撮影を担当。
『GO』と『座頭市』で、日本アカデミー賞最優秀撮影賞を受賞している。
個人的には『Dolls』で、特に感銘を受けた。

『侍戦隊シンケンジャー』にハマッて夢中で観ていた者としては、高梨臨の抜擢が嬉しい。
そもそもは幼稚園の保母さんで、落ち込んだ人を見るとほっとけない、お姉さん的な立場からメンバーを見守り、時にはレッドを叱咤、落ち込みがちなイエローを励ます、黒髪をなびかせる眼差しの凛々しい美人だが、料理だけは全然ダメというほぼ完璧な設定だった。

奥野匡は、不勉強でよく存じ上げなかったのだが、Wikipediaによると『ウルトラマン』 『仮面ライダー』 『スペクトルマン』、果ては『ロボット刑事』に出演していたらしい。
キアロスタミ、まさかの特撮ファンか?

日本では、夏 公開予定とのこと。



'12 8/23 追記

日本公開が、9月15日に決定。
渋谷 ユーロスペース、新宿武蔵野館ほか。

オフィシャルサイトは、コチラ

追凶 Fairy Tale Killer(原題)

Fairy_Tale_Killer_Poster

ある日、ジュンは5つの殺人を警察署で告白する。
しかし、詳細は説明されず、警察は取調べののち、ジュンは精神が不安定で、言及された殺人は存在しないと考える。
まもなく、ハン刑事の管轄で不可解な連続殺人が発生。
ハンの直感はジュンが犯人であると告げるが、アパートの家宅捜査では、山積された古いおとぎ話の本があるだけで、証拠らしいものは何も発見できない。
だが、ふたつのおとぎ話で描かれた罰と、ふたつの殺人事件の内容が酷似しており、さらに3つの殺人が起こることが示唆されていた。

監督
ダニー・パン(Danny Pang) 『レイン』 『the EYE 【アイ】』

出演
ラウ・チンワン(Lau Ching-Wan) 『MAD探偵 7人の容疑者』 『暗戦 デッドエンド』
ワン・バオキアン(Wang Baoqiang) 『戦場のレクイエム』
エレイン・コン(Elanne Kong) 『インビジブル・ターゲット』


コズモポリス (Cosmopolis) (3)

Cosmopolis_Poster

時代の寵児として、超巨大ハイテクリムジンから秒単位で投資を続ける男はその日、たちまち巨億を失う危機にあった。だが、その渦中にあっても繰り返される無軌道なセックス、狂気と見まごう振る舞い、背後には、忍び寄る殺人者の手…。幻想でしかない金に狂奔し、身体性を忘却した男は、N.Y.横断後いったい何を目にすることになるのか?現代アメリカ文学最大の巨匠が放つ極上のサスペンス、哄笑に満ちた都市の伝説。(「BOOK」データベースより)

脚本・監督
デヴィッド・クローネンバーグ(David Cronenberg)

原作
ドン・デリーロ(Don DeLillo)『ホワイト・ノイズ』 『リブラ 時の秤』

出演
ロバート・パティンソン(Robert Pattinson) 『トワイライト~初恋~』
サマンサ・モートン(Samantha Morton) 『マイノリティ・リポート』 『CODE46』
ジェイ・バルシェル(Jay Baruchel) 『魔法使いの弟子』 『ある日モテ期がやってきた』

Feature International Trailer


Trailer


Teaser

Daylight Savings(原題)

前から、ものすごく気になっている映画監督がいる。

デイヴ・ボイルという映画監督で、今日まで一貫して、アメリカの日系人を題材に、映画を作り続けている。

処女作『Big Dreams Little Tokyo』は、日本とのビジネスで成功を夢見るアメリカ人 ボイドと、ボイドのルームメイトで、相撲取りになりたいが健康に問題がある日系アメリカ人 ジェロームの物語で、デイヴ・ボイルは脚本、監督、主演を担当する。

『Big Dreams Little Tokyo』('06)
Big_Dreams_Little_Tokyo_Poster

監督
デイヴ・ボイル(Dave Boyle)

脚本
デイヴ・ボイル(Dave Boyle)

出演
デイヴ・ボイル(Dave Boyle)
ジェイソン・ワタベ(Jayson Watabe)
レイチェル・モリヒロ(Rachel Morihiro)



既に、並々ならぬ日系コミュニティへの愛が炸裂しているが、続く『ホワイト・オン・ライス』は、日本でも大阪アジアン映画祭に出品された後、劇場公開され好評を博した。

このあたりは、映画秘宝 '10 8月号に詳しい。

『ホワイト・オン・ライス』('09)
White_on_Rice_Poster

監督
デイヴ・ボイル(Dave Boyle)

脚本
デイヴ・ボイル(Dave Boyle)
ジョエル・クラーク(Joel Clark)

出演
渡辺広(Hiroshi Watanabe) 『硫黄島からの手紙』
裕木奈江(Nae) 『光の雨』 『レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー』
高田澪(Mio Takada)



次に、ミュージシャンのゴウ・ナカムラを本人役として迎え、『Surrogate Valentine』を監督する。

『Surrogate Valentine』('11)
Surrogate_Valentine_Poster

サンフランシスコ在住のミュージシャン、ゴウ・ナカムラは、ライブ活動の傍ら、ギターを教えることで、かろうじて食いつないでいた。
ある日、プロデュ-サーの友人から、次の映画に出演するテレビ俳優のダニーに、ギターを教えるよう依頼され、それに応じる。
ふたりはツアーを共にするが、そこへ輝くような女子高生 レイチェルが現れ、事態は複雑になる。

監督
デイヴ・ボイル(Dave Boyle)

脚本
デイヴ・ボイル(Dave Boyle)
ゴウ・ナカムラ(Goh Nakamura)
ジョエル・クラーク(Joel Clark)

出演
ゴウ・ナカムラ(Goh Nakamura)
チャド・ストゥープス(Chadd Stoops)
リン・チェン(Lynn Chen) 『素顔の私を見つめて…』 『ホワイト・オン・ライス』



もちろん、音楽もゴウ・ナカムラ。
ゴウ・ナカムラも不思議な人物で、アメリカ国籍のインディーズ・ミュージシャンなのだが、生まれは日本のようだ。
YouTubeで検索すると、多くの動画を閲覧できるが、ほとんど自画撮りなのが、インディーズらしい。
唯一、PVらしく作成されたのが、こちら。↓

Embarcadero Blues by Goh Nakamura


それでも、なかなか素敵な曲が多く、人懐っこい風貌も相俟って、映画本編に興味を持たせるのだ。

ゴウ・ナカムラが、『Surrogate Valentine』を紹介する動画。
情報が少ない中、日本語字幕が付いているという意味で、貴重な動画だ。

映画「Surrogate Valentine」主演のゴウ・ナカムラさん [マイハワイ]


気になるなー、とかボンヤリしているうちに時は流れ、ふと気が付くと『Surrogate Valentine』の続編が発表されてしまった。長くなってしまったが、これが本題。

『Daylight Savings』('12)
Daylight_Savings_Poster

初めての全国ツアーが決定したゴウは、一方、TVのCMで自分の曲が使用され、これまでの音楽活動の中で、いちばんの好調を迎えていた。
さらに、永らく交友関係にあったガールフレンドと、次なるステップに移るべく、ロサンゼルス行きを計画するが…。

監督
デイヴ・ボイル(Dave Boyle)

脚本
デイヴ・ボイル(Dave Boyle)
ゴウ・ナカムラ(Goh Nakamura)
ジョエル・クラーク(Joel Clark)
マイケル・ラーマン(Michael Lerman)

出演
ゴウ・ナカムラ(Goh Nakamura)
イー・ミン・チェン(Yea-Ming Chen)
マイケル・アキ(Michael Aki)
リン・チェン(Lynn Chen) 『素顔の私を見つめて…』 『ホワイト・オン・ライス』
藤谷文子(Ayako Fujitani) 『ガメラ 大怪獣空中決戦』 『TOKYO!』



今度は、藤谷文子だ。すげえ。
もう、謎だらけ。

ダブル・トリガー (Stash House)

Stash_House_Poster

謎の監督、エドゥアルド・ロドリゲス その②

あるカップルが、抵当流れの物件を購入するが、壁の中に違法薬物を発見する。
その家の床下には、さらにドラッグ業者の本拠地が隠されていた。
麻薬を求めるスペクターと、その相棒によって出口を封じられ、家の中に閉じ込められたふたりは、機転を利かせ、襲いかかる殺し屋に反撃する。

監督
エドゥアルド・ロドリゲス(Eduardo Rodriguez) 『フィアー・イットセルフ “サークル”』

出演
ドルフ・ラングレン(Dolph Lundgren)
ブリアナ・エヴィガン(Briana Evigan) 『ドニー・ダーコ2』 『マザーズデイ』
ショーン・ファリス(Sean Faris) 『ネバー・バックダウン』 『ザ・キング・オブ・ファイターズ』



エドゥアルド・ロドリゲスは、ベネズエラの出身で、本国で脚本や編集スタッフとして働いた後、渡米。
フロリダ大学で、映画を専攻。
在学時に完成させた、短編『Daughter』で、いくつか賞を獲得。
TVで、『ブラッド・セル 血塗られた携帯電話』 『フィアー・イットセルフ “サークル”』 『America's Most Wanted』を監督し、今回、劇場デビューを果たす。
しかも、同時期に2本公開されるようで、期待されてんだか、叩き売られてんだか、よくわからない人だ。
要チェック?


おまけ

Daughter

Part 1


Part 2


El Gringo(原題)

El_Gringo_Poster

謎の監督、エドゥアルド・ロドリゲス その①

2百万ドルが入った鞄と血まみれの過去を持つ男が、メキシコの寂れた町 エル・フロンテーラで勃発した、欲望渦巻く戦いに巻き込まれる。

監督
エドゥアルド・ロドリゲス(Eduardo Rodriguez) 『フィアー・イットセルフ “サークル”』

出演
スコット・アドキンス(Scott Adkins) 『ザ・プロテクター』 『NINJA』
イヴェット・イエイツ(Yvette Yates) 『LIVE! ライブ』
クリスチャン・スレイター(Christian Slater) 『アローン・イン・ザ・ダーク』 『その男は、静かな隣人』

ヘルタースケルター (2)

Hekter_Skelter_Poster

監督
蜷川実花

原作
岡崎京子

出演
沢尻エリカ/大森南朋/寺島しのぶ/綾野剛/水原希子/新井浩文/鈴木杏/寺島進/哀川翔/窪塚洋介/
原田美枝子/桃井かおり

予告編


特報

希望の国

Kibounokuni_Poster

脚本・監督
園子温

出演
夏八木勲/大谷直子/村上淳/神楽坂恵/清水優/梶原ひかり/でんでん/筒井真理子

キラー・スナイパー (Killer Joe)

Killer_Joe_Poster

借金によって生命の危機に陥ったクリスは、5万ドルの生命保険が掛けられた自分の母親を殺害するため、アルバイトで殺し屋をしている、頭のおかしいダラスの警察官 ジョー・クーパーを雇う。
ジョーは仕事の担保として、クリスの妹 ドティを人質にするが、ふたりの間に奇妙な関係が生まれ、歪んだおとぎ話のように、殺し屋はドティの王子様になる。

監督
ウィリアム・フリードキン(William Friedkin) 『エクソシスト』 『ハンテッド』

出演
マシュー・マコノヒー(Matthew McConaughey) 『評決のとき』 『リンカーン弁護士』
エミール・ハーシュ(Emile Hirsch) 『イントゥ・ザ・ワイルド』 『スピード・レーサー』
ジュノー・テンプル(Juno Temple) 『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』
トーマス・ヘイデン・チャーチ(Thomas Haden Church) 『サイドウェイ』 『スパイダーマン3』
ジーナ・ガーション(Gina Gershon) 『ショーガール』 『バウンド』

Pink Ribbons, Inc.(原題)

Pink_Ribbons_Inc_Poster

ピンクリボン運動は、乳がん検診の早期受診と治療を推進する活動だが、一方、企業のコーズ・リレーテッド・マーケティング(CRM)の典型となっている。
CRMとは、商品やサービスの売り上げから、一部を慈善事業に寄付することで、消費者の支持を集めて売り上げを伸ばしたり、ブランド価値の向上につなげることを指す。
多くの人々が、このキャンペーンのためにイベントに参加したり、関連商品を購入し、毎年、多額の資金が集められる。このお金は、どこへ行くのか?どのように運用されるのか?
マーケティングの専門家がDream Causeと呼ぶ、乳がんの原因究明と治療法の発見より、企業のパブリシティが優先される、本質が不明瞭となった過酷な現実を描くドキュメンタリー。

監督
レア・プール(Lea Pool)



サマンサ・キング著“Pink Ribbons Inc.: Breast Cancer and the Politics of Philanthropy”に基づいている。
プロフィール

竹一二三

Author:竹一二三
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
COUNT
COUNT (TOTAL)
トップページに戻る
    武蔵野ワイルドバンチ
Amazon Search
おすすめ商品
おすすめ商品
AD
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
外国映画
日本映画