FC2ブログ

ラ・ヨローナ ~泣く女~ (The Curse of La Llorona)

Curse_of_La_Llorona_Poster

70年代、ロサンゼルス。幼児虐待の疑いのある母親の警告を無視して、ソーシャルーワーカーの女性と子供たちが恐怖に襲われる。ラ・ジョローナの怒りから逃れるには、絶望した司祭の祈祷によって祓われなくてはならない。「ラ・ジョローナ」とは「泣く女」の意味で、メキシコに伝わる幽霊である。夫に裏切られた女が、双子の子供を川に投げて殺害する。後悔した女は子供の後を追って自殺するが、天国の入り口で双子の居場所を問われ、双子の亡骸を探して泣きながら川の周辺をさまよう。川の近くでラ・ジョローナの泣き声を聞いた場合、声の反対側へ逃げなければならない。さもなければ、身辺に不幸や死がもたらされる。また、子供が泣き声を聞いた場合、川に引きずり込まれ溺れ死ぬという。

製作
ジェームズ・ワン(James Wan) 『ダークハウス』 『ライト/オフ』
ゲイリー・ドーベルマン(Gary Dauberman) 『アナベル 死霊館の人形』 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』※脚本

監督
マイケル・シャーヴェス(Michael Chaves)

出演
リンダ・カーデリーニ(Linda Cardellini) 『スクービー・ドゥー』 『ブロークバック・マウンテン』
レイモンド・クルツ(Raymond Cruz) 『』 『クローザー (TV)』
パトリシア・ヴェラスケス(Patricia Velásquez) 『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』 『マインドハンター』
マリソル・ラミレス(Marisol Ramirez)
ショーン・パトリック・トーマス(Sean Patrick Thomas) 『セイブ・ザ・ラストダンス』 『バーバーショップ』

The Curse of La Llorona - Teaser Trailer [HD]


リンダ・カーデリーニ関連作品:
Green Book - 2018(原題) (2)
Green Book - 2018(原題)
Hunter Killer(原題) (3)
Hunter Killer(原題) (2)
Hunter Killer(原題)
Welcome to Me(原題) (6)
Welcome to Me(原題) (5)
Welcome to Me(原題) (4)
Welcome to Me(原題) (3)
Welcome to Me(原題) (2)
Welcome to Me(原題)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹一二三

Author:竹一二三
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
COUNT
COUNT (TOTAL)
トップページに戻る
    武蔵野ワイルドバンチ
Amazon Search
おすすめ商品
おすすめ商品
AD
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
外国映画
日本映画