FC2ブログ

シン・シティ 復讐の女神 (Sin City: A Dame to Kill For)

Sin_City_A_Dame_To_Kill_For_Image05

悪党どもが行き交う罪の街「シン・シティ」を舞台に描かれるハードボイルド巨編第二弾。
ドワイトが虐待を繰り返す億万長者の夫ダミアンから逃れようとする元恋人アヴァに助けを乞われるが、ドワイトはアヴァの邪悪な企みに気付く『A Dame to Kill For』。前作の一編「イエロー バスタード」でハーティガンとナンシーが再会した夜、高速道路で死体に囲まれ意識を取り戻したマーヴは、なぜそこにいたのか思い出せない『Just Another Saturday Night』。シン・シティの巨悪を倒すというゲームを自らに課すギャンブラーのジョニーは、間違えた相手を騙して深刻な事態に陥る中、ストリッパーのマーシーと出会う『The Long Bad Night』。ハーティガンの死と向き合おうとするナンシーを描く『The Fat Loss』の四編で構成される。『The Long Bad Night』と『The Fat Loss』は映画オリジナルのエピソードで、フランク・ミラーによって脚本が書き下ろされた。

脚本・監督
ロバート・ロドリゲス(Robert Rodriguez) 『エル・マリアッチ』 『プラネット・テラー in グラインドハウス』
フランク・ミラー(Frank Miller) 『シン・シティ』 『ザ・スピリット』

脚本
ウィリアム・モナハン(William Monahan) 『キングダム・オブ・ヘブン』 『復讐捜査線』

出演
ブルース・ウィリス(Bruce Willis) 『ラスト・ボーイスカウト』 『LOOPER/ルーパー』
ジェシカ・アルバ(Jessica Alba) 『ダーク・エンジェル (TV)』 『キラー・インサイド・ミー』
パワーズ・ブース(Powers Boothe) 『ダブルボーダー』 『トゥームストーン』
ジョシュ・ブローリン(Josh Brolin) 『インビジブル』 『ノーカントリー』
ジェイミー・チャン(Jamie Chung) 『エンジェル ウォーズ』 『アイアン・フィスト』
マートン・ソーカス(Marton Csokas) 『トリプルX』 『ボーン・スプレマシー』
ロザリオ・ドーソン(Rosario Dawson) 『デス・プルーフ in グラインドハウス』 『アンストッパブル』
ジュリア・ガーナー(Julia Garner) 『マーサ、あるいはマーシー・メイ』
ジョセフ・ゴードン=レヴィット(Joseph Gordon-Levitt) 『BRICK ブリック』 『LOOPER/ルーパー』
エヴァ・グリーン(Eva Green) 『ドリーマーズ』 『ダーク・シャドウ』
デニス・ヘイスバート(Dennis Haysbert) 『目撃』 『マンデラの名もなき看守』
ステイシー・キーチ(Stacy Keach) 『ロング・ライダーズ』 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
ジェイミー・キング(Jaime King) 『バレット モンク』 『ザ・スピリット』
レディー・ガガ(Lady Gaga) 『マチェーテ・キルズ』
レイ・リオッタ(Ray Liotta) 『グッドフェローズ』 『ジャッキー・コーガン』
クリストファー・メローニ(Christopher Meloni) 『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班 (TV)』 『マン・オブ・スティール』
クリスタル・マッケーヒル(Crystal McCahill)
ジェレミー・ピヴェン(Jeremy Piven) 『アントラージュ★オレたちのハリウッド (TV)』 『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』
ミッキー・ローク(Mickey Rourke) 『ナインハーフ』 『レスラー』
ジュノー・テンプル(Juno Temple) 『つぐない』 『キラー・スナイパー』

Trailer


Instagram Teaser


過去の記事:
『Sin City: A Dame to Kill For(原題)』クリップ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹一二三

Author:竹一二三
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
COUNT
COUNT (TOTAL)
トップページに戻る
    武蔵野ワイルドバンチ
Amazon Search
おすすめ商品
おすすめ商品
AD
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
外国映画
日本映画