FC2ブログ

ハイネケン誘拐の代償 (Kidnapping Mr. Heineken)

Kidnapping_Mr_Heineken_Poster

1983年、アムステルダム。ビール会社ハイネケンの経営者で「ビール王」と呼ばれたアルフレッド・”フレディ”・ハイネケンの誘拐事件にまつわる、陰謀と処刑、計画の失敗、そしてその後の影響を描く実話に基づく物語。この事件の身代金は、個人に支払われた最大の額となった。

監督
ダニエル・アルフレッドソン(Daniel Alfredson) 『ミレニアム2 火と戯れる女』 『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』

出演
ジム・スタージェス(Jim Sturgess) 『アクロス・ザ・ユニバース』 『ラスベガスをぶっつぶせ』
サム・ワーシントン(Sam Worthington) 『アバター』 『タイタンの戦い』
ライアン・クワンテン(Ryan Kwanten) 『トゥルーブラッド (TV)』
マーク・ヴァン・エーウウェン(Mark van Eeuwen)
トーマス・コックレル(Thomas Cocquerel)
ジェマイマ・ウェスト(Jemima West) 『皇帝と公爵』 『シャドウハンター』
アンソニー・ホプキンス(Anthony Hopkins) 『羊たちの沈黙』 『ヒッチコック』



2011年製作、ルトガー・ハウアー(Rutger Hauer)主演の『誘拐 狙われたハイネケン』でも同じ題材が描かれている模様。未見。ちょっと気になる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹一二三

Author:竹一二三
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
COUNT
COUNT (TOTAL)
トップページに戻る
    武蔵野ワイルドバンチ
Amazon Search
おすすめ商品
おすすめ商品
AD
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
外国映画
日本映画